TOPICS

2022年

8月

04日

締め切り間近となりました。

 今回も、締め切り日を待たずして、受付人数上限に達しそうです。

 その場合、申し込み受け付けを停止いたします。よろしくお願いいたします。

 申し込みフォームから、お申込みが出来ていて、こちらが確認致しましたら、メールか電話でご連絡いたします。連絡がつく連絡先をご記入ください。

 また、予告なしのキャンセルをされる方もいらっしゃいます。関係各位に対してご迷惑をかけてしまい、とても困りますので、当日までに必ず連絡をしてください。

 スタッフ一同、コロナ禍の中、精一杯、奉仕活動を頑張っております。なにとぞ、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

2022年

7月

30日

板橋区民限定 食糧配布会生活相談会になりました

 暑いですねー。ほんとに。

 それでも8月、食料配布会を行います。

 ただ、誠に申し訳ないのですが、今回から、諸般の事情により、板橋区民の方限定とさせて頂きます。

 申し込みは、8月1日から5日です。

 配布日は10日となります。

 重ね重ねですみませんが、申し込みできる方は、板橋区民の方のみとなります。

 他区の方には、他区で活動されているフードバンク等を、ホームページで紹介する予定ですので、是非、そちらをご利用くださると有難いです。

 尚、今回も申し込み受け付け上限人数は40人です。申込期間中でも、上限に達した場合は、受付を停止する事になります。

 申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

フードバンクとは

まだ美味しく食べられるのに、外箱が壊れた、ラベル印字ミス、売れ残った、形が悪い、食べきれない等の理由で、廃棄されている食べ物がたくさんあります。

その一方で、失業や病気、いろいろな理由で、その日の食べ物にも困っている人達が、たくさんいます。

 

フードバンクは、その両方を繋ぎ、企業や個人の方から、まだ食べられるのに不要になった食品を無償で受け取り、それらを必要とする人達のもとへ無償でお届けします。こうして、食べ物は廃棄される事なく美味しく活用され、命をつなぐ糧として本来の価値を全うできます。

 

私達は、「食べ物は命の糧、大切にしたい」と考えています。

現在日本では年間500~800万トンの食品が廃棄されています

日本では、本来食べられるのに廃棄されている「食品ロス」が年間500~800万トン発生しています。世界で約9億人の人々が栄養不足状態にある中で、「もったいない」という言葉の発祥地である国として、食品ロス削減にフードチェーン全体で取り組んでいくため、官民が連携して食品ロス削減に向けた国民運動を展開しています。